ピンクのTシャツの男性を抱く女性

価値の分かる買取業者を

お金のラスト

古本の買取業者はたくさんありますが、古書に関しては古書専門の買取業者に任せましょう。古書の専門知識を持っている業者であれば、普通の買取業者よりも圧倒的に高価で買取してくれます。

Read more

価値を下げないためにも

お金を手に入れた女性

古書の買取業者は出張買取も盛んに行っていますので、積極的に利用しましょう。持っていく手間が省けるだけでなく、買取金額が上がる可能性もありますので、一石二鳥のサービスだといえます。

Read more

大切なコレクションのために

並べられた紙幣

古書のコレクションは、価値の分からない人に処分されると悲惨なので、コレクターの方は遺言書などで処理方法を指定しておきましょう。もしくは、自分が元気なうちに買取してもらうのをオススメします。買取してもらえば、そのコレクションは脈々と受け継がれていきますので、安心できます。

Read more

意外なところにお宝が?

小銭を持つ男性

家の掃除の際に厄介な存在が古本です。本は買った当時は良かれと思っていても、後日になると非常に邪魔に感じます。
特に古書に関しては、分からない人には全く分からないような内容のモノばかりなので、持っていても面白くないと感じるでしょう。ただ、最近はごみの分別もかなり面倒で、古書を捨てるのは特定の曜日に捨てる必要があります。その曜日まで待って、重たい古書の束をゴミ捨て場までもっていって…。考えただけで面倒臭くなりそうですね。

ただ、その邪魔な古書は本当に簡単に捨てていいものでしょうか?実は古書は、特定の条件のモノであれば非常に高価買取してもらえる場合があります。
古書には熱心なコレクターが多く、定価2000円の本に50,000円以上の価値が付くこともザラです。もしかすると家の蔵や押し入れの奥に眠っている本の中にも、そういったものがあるかもしれません。古書を捨てるという行為は、時には大金をそのまま捨ててしまうと同じ行為であることを覚えておきましょう。

処分に困った古書は、専門の買取業者に依頼して買取してもらいましょう。普通に捨てるよりも、少しでもお金になったほうが嬉しいに決まっています。時には思わぬ金額になることもありますので、必ず買取を依頼しましょう。
当サイトでは古書の買取の際に注意していただきたいことを紹介していきます。本当はすごい価値があるかもしれない古書を手放す前に、必ず確認してくださいね。